ドラえもんコンテンツ市場予測

  • マンガ

『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品。小学館の発行している学年別学習雑誌で連載されていた。 22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品である。 劇中でのドラえもんは、ロボットとして扱われる事がほとんどなく、通常の人間関係を築いている。本作において欠かすことのできない要素であり、作品の魅力の一つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」である。舞台となる時代は基本的に現代の日本であるが、ドラえもんの道具を使って外国や宇宙、過去や未来へも行き来する。 日本国内においては、作品や登場人物が一般社会に広く浸透している。日本国外でもよく知られ、東アジアを中心に海外でも高い人気がある。 メディアミックスも盛んに行われている(ドラえもんの派生作品を参照)。テレビアニメは30年を超える長寿番組になっており、年に一度公開されるアニメーション映画も安定した興行記録を上げ続けている。また、玩具を始めとするキャラクターグッズも高い人気を誇っている。

提供:Wikipedia

登録日 2013/02/15

各国の人気予想

ドラえもんの「アジア各国の人気」です。2014年02月時点での人気数値と半年後の人気予測が掲載されています。
スライドバーを動かすと過去の予測を見ることができます。

  • 人気上昇89.2
  • 変動なし89.5
  • 人気上昇77.6
  • 人気急上昇89.6
  • 人気上昇91.6
  • 人気上昇91.3
  • 人気上昇74.3
  • 人気上昇75.2
  • 人気急上昇87.5
  • 人気急上昇74.4
  • 人気急下降84.3
  • 変動なし96.8
  • 人気上昇96.8

アイコンについて

  • 現在の人気 (0 - 100)
  • 半年後の人気の上昇・下降予測
人気予測方法について
  • 人気急上昇
  • 人気上昇
  • 変動なし
  • 人気下降
  • 人気急下降

現在もっともドラえもんの人気が高い国は世界です。

ドラえもんの人気情報が観測できたのは中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、ロシア、マレーシア、フィリピン、バングラデシュ、インド、日本、世界の13カ国です。
10カ国でドラえもんの人気が上昇するようです。インドネシア、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、韓国では、ますますドラえもんがヒットしていきそうです。
2カ国でドラえもんの人気は引き続き推移するようです。
1カ国でドラえもんの人気は下がりそうです。今後ドラえもんの人気が下がりそうな国はインドです。

各国の人気推移

ドラえもんの「過去半年の人気」と「将来の人気予測」を折れ線グラフで表示しています。
折れ線グラフの下の国別ボタンで表示する国を選ぶことが出来ます。

Wikipedia編集回数

ドラえもんの人気予測を算出するのに使用した、Wikipediaの編集回数です。
グラフ下のボタンで、表示する国を選択することができます。

ドラえもんのWikipediaページは、ここ半年間の間、12カ国で編集されています。もっとも多く編集されている国は世界で、2月では51回の編集がされています。

Twitter投稿回数

ドラえもんの人気予測を算出するのに使用した、Twitterの投稿回数です。
グラフ下のボタンで、表示する国を選択することができます。

ドラえもんに関するTweetは、ここ半年間の間、12カ国で観測されています。もっとも多く観測されている国は日本で、2月では71645回のTweetが観測されています。

各国のWikipedia登録日・コンテンツ名

Wikipedia登録日 コンテンツ名 Wikipedia登録日 コンテンツ名
中国 2004/04/10 哆啦A夢 台湾 2004/04/10 哆啦A夢
韓国 2004/11/04 도라에몽 インドネシア 2004/11/04 Doraemon
タイ 2004/04/08 โดราเอมอน ベトナム 2005/03/26 Doraemon
ロシア 2007/10/08 Дораэмон マレーシア 2006/01/03 Doraemon
フィリピン 2008/02/18 Doraemon バングラデシュ 2011/08/15 ডোরেমন
インド 2008/04/17 डोरेमोन 日本 2003/02/15 ドラえもん
世界 2001/09/10 Doraemon

ドラえもんとトレンドの傾向が似ているコンテンツ